富士通
ESPRIMO D551/DW

ハードディスクをハイブリッドタイプに交換(換装)

OSを Windows7 から Windows10 にアップグレードしてから起動がちょっと遅くなったように感じるので、余っていたハイブリッドタイプのハードディスク(SSHD)に交換してみました。
少しは速くなるかな。


2.5インチタイプの東芝 MQ01ABF050Hを使います。



EaseUS Todo Backup 起動



「クローン」をクリック



ソース(クローン元)ディスクを選択し、「次へ」をクリック



ターゲット(クローン先)ディスクを選択、”SSDに最適化”にチェックをいれ、「次へ」をクリック



「OK」をクリック



後は待つだけ



2時間半かかって、やっと終わった。「完了」をクリック。 
シャットダウンして、ケーブル類を取り外す。






サクっとハードディスクを取り外す (使用時間は約1800時間)



2.5インチ ⇒ 3.5インチ 変換マウントにネジ止め



3.5インチ用マウントにネジ止め



スカスカで風通しよさそう


逆の順序で元に戻す
もう 7年近く使っていますが

故障知らずです。

ケーブル類をつなぎ、PC起動。


無事起動しましたーー

msinfo32 実行

パーティション開始オフセットはすべて4096の整数倍になっている



Windows Update も問題なさそう・・・。


Crystal Disk Info (使用時間や劣化状態をチェック)



Crystal Disk Mark (読み書き速度測定)
 
交換前

交換後
SeqQ32TI 以外は数値が上がっている。 


しばらく様子見です。


       2020年3月22日

2020年3月26日 追記

BootRacer で起動時間測定

交換前



交換後
SSDのように劇的に速くなるわけじゃないけど、多少は快適になりました。


趣味の部屋 トップ  アナログおやじ
パソコンいじり 気ままアルバム