上野城、補修工事始まる


昨年10月の台風19号によってはがれた外壁の補修や、雨漏り防止のための工事が始まりました。
工期は本年9月中旬までで、工費1500万円。


・・・2019年6月の報道によると・・・

20年ほど前から雨漏りが続き、構造調査の結果、次のことが判明した。
二層目外壁の柱が一層目の柱とつながっておらず基礎の支えがなく、二層北壁を中心に最大14センチ沈下している。
二層目の天井と三層目の床の間が約 2.2メートルの中空になり、その間を 1メートルほどの短い柱がつないでいる。
研究論文や城史によると、建設途中に天守の高さを20メートルから23メートルに変更、破風の追加、外観の見栄えのための複数部分の変更・・・などがあり、その影響により 二〜三層目に縦にも横にもずれやすい構造が生まれ、暴風雨時に雨漏りするとみられる。

調査会社から、大規模補修の場合、期間2年・費用数億円という試算が示された。

工費から想像すると、今回の工事は雨漏り防止の応急処置的なものでしょう。


2020年5月5日撮影


南東側から

北側

北側 はがれた壁が見えます



西側

南西側から
例年なら NINJAフェスタが開催され多くの家族連れで賑わう時期ですが、緊急事態宣言が出ている今年は、ひっそりしています。



趣味の部屋 トップ  うえの散策
デジカメいじり 気ままアルバム